LINE
お電話
0800-888-8358受付時間 9:00~24:00(年中無休)

競売・借金からの解決事例

【再生事例05】突然の交通事故で、退職を余儀なくされ、住宅ローンを滞納

後編

「同じ”売却”でも、競売と任意売却はまったく異なる」
競売の通知が届いたかわぐちさんは、たまたま見かけた広告で弊社と任意売却のことを知りご相談に来てくださいました。
お話を伺うと、残っている債務は600万。とくに借金などをしているわけではないため完済したあとは夫婦で田舎に移り住みたいとのこと。
家を取られてもいいのだけれど!
売却できるものならば売却してほしいとのことと言われたので大至急競売開始決定がはじまっているのであとは時間との勝負でした。

また、競売と任意売却の違いがわからないとのことだったので、売却金額に大きな差があることや、退去日などを相談できるといった任意売却のメリットをご説明しました。

相談の結果、ご夫婦ともに納得していただけたので、まずは住宅の査定を行うことにしかし、実際の査定額は500万となり、川口さんご夫妻が希望していた金額には及ばないことがわかったのです。

そこで弊社は、買い取り額の交渉に応じてくれる買主様をお探ししました。
その結果、4日目で何とか京都で住宅を探されている買主様を見つけることができ、交渉の末600万円で買い取っていただくことに成功。買主様が現金購入でしたので即座に競売開始の取り下げに、債権回収機構に打診し2日目に回収機構より取り下げの手続きを行うとの通知をいただき、決済の手続きに入り何とか無事に競売での自宅競争には勝つことができました。

本当にあと何日かで競売の入札されることとなっていたので、本当に少しのミスをおかしていれば終わりだったことなどがかさなりあって、何とか無事にすすむことができました。
残債も残らず、何とか無事に終了しました。

当初の要望通りの結果に、ご夫婦ともに喜んでおられました。

任意売却のメリットは、競売よりも高値で取り引きができることです。一般的に、競売では査定額のおよそ60~70%の金額で売却という形になりますが、任意売却だとほぼ100%の金額で売却することが可能です。

初回のご相談 QUOカード1,000円分プレゼント!! さらに往復交通費負担
  • ※QUOカードは初回のご相談に来られました場合に1枚お渡しいたします。ご家族やご友人様とご相談に来られた場合、各自1枚ずつではなく、1グループとして1枚お渡しとなります。
  • ※往復交通費は、ご来社頂いた2名様までご負担いたします(大阪府内の公共交通機関のみ)。ご相談当日に現金にてお渡しいたします。なお、ご指定の場所にお伺いすることも可能です。
ページトップへ