LINE
お電話
0800-888-8358受付時間 9:00~24:00(年中無休)

競売・借金からの解決事例

【再生事例03】定年退職で生活が困窮、住宅ローンの支払いが追い付かなくなった

前編

吉田さん(仮名)営業会社に30年前に社員で就職お電話から一週間後に吉田さんおひとりでおこしになりました。

お越しいただいた吉田さんは63歳で実年齢よりもなお老けて見えました。

本当に人生に疲れてる様子でした。

奥さまは4才年下で、結婚して25年だそうです。

初めて吉田さんの実家で3年ほど暮らしていたのですが、子供ができたので、家を出てマイホーム購入を決意されました。

25年前に大手不動産会社から2,000万円の中古マンションを購入。

間取りは3LDK。

家族は妻と子供一人3人で生活していました。

12年前に大手不動産会社から1,800万円の中古マンションを住み替えローンで購入し今ある残債も含め700万が上乗せされ、ボーナス30万円支払いで、月々の支払いを抑えました。支払いは55,000円で管理費積立金駐車場代いれて25,000円アップで月々80,000円の支払いでボーナス30万円でした。

生活はそれほど苦しくはなかったし、週1回は外食もでき年1回旅行もいける状態でした。

その生活が一転したのは、定年退職でした。

3年前から定年退職、関連会社に契約社員で今も勤めておられます。

今まではボーナスが年60万円もらえていたので、支払いもできたのですが、契約社員ではボーナスはなく、退職金などを使って住宅ローンの支払いにあてがってました。
奥さまも4年ほど前からパートで週に3日働いておられます。

が住宅ローンの支払いが追い付かず、お子さんが7年前に難病の病気にかかり、週に2日通院しなければいけないのでお金もかかり、カードローンを次々申し込みキャッシングで穴埋めしてきました。

カードローンも限度額があり、10枚ぐらい作ったあとは、カードローンが使えなくなりました。

新規申し込みもできませんでした。

あとは、借金の返済で、借りて返しての繰り返しでどんどん借金が膨らんでいきました。

知らぬ間に借金総額は3年間で、800万円にも膨らんでました。

ただでさえ大変な時に住宅ローンの支払いなどもできず、ずるずる延滞を重ねていき、督促が何度も自宅に、会社に電話が鳴る一方で、精神的に参ってきた時に少しうつ病になりかけて、精神病院に何カ月か通院していました。

今も、精神的にはしんどい日々が続いていました。

本当に話をきいてあげるだけでも、精神的に落ち着く人が多いので、内容を事細かにきいてあげることを優先しました。

気持ちの落ち着きがまず第一の仕事。

そこから、その方の人生がスタートするのです。

支払いも延滞延滞が続き、カードも使えなくなり1年が過ぎたころ、裁判所の執行官が自宅を見せてほしいとの連絡があり自宅の調査が行われました。

その後3カ月後に裁判所から

≪競売決定通知書≫が自宅に届きました。

初回のご相談 QUOカード1,000円分プレゼント!! さらに往復交通費負担
  • ※QUOカードは初回のご相談に来られました場合に1枚お渡しいたします。ご家族やご友人様とご相談に来られた場合、各自1枚ずつではなく、1グループとして1枚お渡しとなります。
  • ※往復交通費は、ご来社頂いた2名様までご負担いたします(大阪府内の公共交通機関のみ)。ご相談当日に現金にてお渡しいたします。なお、ご指定の場所にお伺いすることも可能です。
ページトップへ