LINE
お電話
0800-888-8358受付時間 9:00~24:00(年中無休)

競売・借金からの解決事例

【再生事例02】父親の会社が倒産、親子ローンで買った家を売却

前編

二木さん(仮名)は兵庫県神戸市で公団の賃貸マンションに妻、子供2人の4人で暮らしています。
年齢は48才28年前に製鉄会社に就職し、転勤転勤でいろいろな所に渡り歩いていました。
両親が15年前に5,900万で兵庫県西宮市にマンション購入。
父親一人では住宅ローンが組めなかつたので父と二人の親子ローンでフラット35から借りました。
親子ローンで購入(名義が父親80%、私が20%比率)のため、昨年父親の会社が倒産し、また病気もあり、収入が減。
何とか子供に迷惑をかけないようにと色々したみたいですが、その苦労も実らず病気になってしまいました。

初めのうちは督促状も兵庫県西宮市の父のマンションに父の対応もあわてていたので何も進まない状態でしたそして何カ月かが過ぎていました。

その2カ月後に二木さんにも督促が兵庫県神戸市の自宅にも来るようになりました。

あわてて、フラット35に問い合わせしたところフラット35では対応してなくて、債権回収機構に投げましたとのことでその債権回収機構から連絡があると思いますのでそちらに聞いてくださいとの回答でした。

本当にそっけなく対応も事務的な感じで嫌になりましたと二木さんは言ってました。

これ以上払い続けるのは厳く、任意売却を検討するしかないと二木さんは思ってました。

この兵庫県西宮市のマンションは父親が居住。

依頼者は兵庫県神戸市の賃貸住宅に居住。

自己破産も選択肢にあったが、影響が自分にもあると予想され断念。またローン支払先が債権回収機構ため、任意売却も厳しいと聞いていました。

それで弊社を知人の紹介で知られてお問い合わせいただきました。

弊社事務所にお越しいただき、内容を細かく確認し今現在の状況の把握から行いました。

二木さんいい方向で対応いたしますとお答えし相談させていただきました。

あと2カ月ぐらいしたら、‘裁判所より競売開始通知書が届くと思いますよ‘

と担当者から言われました
二木さんの希望は売却したい

二木さんがおっしゃるように、債権回収機構からの住宅ローンは、ローン破綻した場合は競売で処理します。
との一点張りでした任意売却には応じてくれませんとのことで二木さんは信じておられ任意売却はできないものとおもっておられました。

初回のご相談 QUOカード1,000円分プレゼント!! さらに往復交通費負担
  • ※QUOカードは初回のご相談に来られました場合に1枚お渡しいたします。ご家族やご友人様とご相談に来られた場合、各自1枚ずつではなく、1グループとして1枚お渡しとなります。
  • ※往復交通費は、ご来社頂いた2名様までご負担いたします(大阪府内の公共交通機関のみ)。ご相談当日に現金にてお渡しいたします。なお、ご指定の場所にお伺いすることも可能です。
ページトップへ